トップ > 安全管理体制

安全管理体制

基本方針・目標

弊社は、各自が安全衛生の職務を遂行し
「安全」「健康」「快適」な職場の実現を目指します。

  1. 1.「安全第一」で施工します
  2. 2.法令、現場のルールを順守します

不安全行動の絶滅で

  1. 1.死亡・重篤・重大災害 “ゼロ”
  2. 2.休業災害の前年度比半減

本社、支店の各事業所は年度安全衛生管理計画を作成し、次の具体的な実施事項を定めています。

*平成28年度 本社安全衛生管理計画書

1.安全衛生管理体制の確立と活動の充実

社長をトップとし作業員末端までをラインとした管理体制を確立し、各自が「安全第一」の意識を持ち、職務を遂行する。
また、災害発生時に、迅速で適切な現場対応が出来る様に連絡体制を確立する。

  • ・規模に応じた安全衛生管理体制と緊急時連絡体制の確立
  • ・法律で定められた安全衛生委員会(安全大会)の定期的開催

2.安全衛生教育の実施による安全意識の向上

教育を定期的に実施し、安全意識の高い社員、作業員を育成する。

  • ・安全管理者や衛生管理者による社員教育や講習会の開催
  • ・有資格者(RST、COFT)による職長・安全衛生責任者教育の実施
  • ・雇入れ時教育と送り出し教育実施の徹底

3.事業主自主パトロールの実施による直接指導

随時、自主パトロールによる直接指導で事業主責任を果たす。

4.雇入れ時健康診断の確認と、定期健康診断の確実な実施とフォロー

5.各現場の活動の必須事項とする。

  • ・KY活動を実施し行動目標の設定
  • ・「安全声かけ」「指差呼称」運動の推進
  • ・5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)の徹底

pagetop